分譲型が人気

電車を乗り換える

京都の地域情報としてまず一番にあげられるのは、その街の構造にあります。
京都の地図をよく見るととてもたくさんの路地が多く存在していて、街の構造としてもやはり古くは我が国の首都がおかれ、中心地でもあった事から時代のなごりを残す建物がそこかしこにたくさんのこっています。
元々、中国の都を模して平安京が築かれていて、中国の風水によって選定されたとも伝えられています。
そのため街割りも御所がある大内裏を中心に構成されていて、現在でも朱雀大通りの名残が残る千本通りや、堀川五条など様々な所に当時の名残を階間見ることができます。
現存している建物も、様々な時代にこの地が都として栄えていた事を表していて、新撰組で有名な壬生の屯所等が現存しています。

794年に平安遷都がおこなわれたのを機に、この地は我が国の様々な歴史や文化の中心地として栄えてきましたが、それぞれの時代ごとにたくさんの出来事が起きて数々の歴史を彩ってきています。
平安時代には当時隆盛をきわめた平家一門が六波羅に屋敷を連ねていて、鎌倉時代にはその平家屋敷跡に承久の乱を機に鎌倉幕府によって貴族を監視するための六波羅探題が設置されています。
南朝が衰退して室町時代になると、足利家が御池高倉辺りに屋敷をかまえたのを機に武家がどんどんと市中に進出していき、またこの時代の名残として銀閣寺が現存されています。
戦国・安土桃山時代になると、関白による聚楽第の建立や伏見城の建立等がありその時代時代を常に彩ってきています。