歴史ある街に投資

深夜の街

京都には海がないと思われがちですが、北の方に伸びて日本かな海まで京都府はございます。
そして、ここには有名な天橋立がございます。
言うまでもなく、股を通してみると竜が天に昇るがごとくの景色を楽しむことができ、この地域には観光客が絶えることはありません。
連日、観光船やロープウェイなどお客様の数も多くて、駐車場もごった返しになっています。
ここの松原の中を散歩してたり、サイクリングしたりするのも楽しいですし、いろんな山頂からの違った景色を楽しんでみるのも面白いと思います。
京都市からはそれなりに時間はかかりますが、その分まったくの別世界を味わうことができます。
いにしえの雅人がいろいろなエピソードを残しているこの地域にわれわれも同じ感覚を覚えることができるのです。

そうした巨大観光地の手前にある宮津市のことは、ご存知でしょうか。
ちょっと注意しないとすぐに通過してしまうような場所ですが、ひっそりとしているものの昔からの街並みをほどよく保存されている見どころのたくさんある町です。
整然と配置された町づくりもさながら、教会やお寺は歴史的な価値があり、あまり知られてはいないものの、味わい深いものがあります。
ちょつと足を止めて散策してみますと、懐かしいような、時代劇で出てくるような、そんな静かな町の暮らしの営みの歴史が見え隠れして、なかなかの風情です。
いくら回りが変わっていこうとこの地域の人たちの生活は今後もしっかりと不変でありつづけるのではないかという不思議な感覚にとらわれます。