観光が中心の街

曲線のビル

京都は、日本の中でも歴史のある街です。
市内にはいたるところに歴史的な文化遺産が多く、重要文化財や世界遺産になっているものも数多くあります。
そのため、こうしたものを目当てに全国から訪れる人も多くいます。
海外でも日本の文化発祥の地として紹介されていることかが多く、外国人旅行者が多く訪れる街にもなっています。
市内の文化遺産は、歴史によって建っている位置が異なるので、これらを巡ることができるようなツアーが多くあります。
公共交通機関も発達しているので、鉄道やバスを利用していくつかの施設を巡る人も多いです。
四季折々の景色を楽しむことができるのも京都の魅力で、桜や紅葉のシーズンには、多くの観光客が訪れることになります。

京都は、西側地域と東側地域で文化の栄えた時期が異なっています。
西側には室町時代前半の建造物が多く、東側には室町時代後半の建造物が多く残っている特徴があります。
特に東側には、室町だけでなく安土桃山から江戸時代までの歴史を感じることができる建物や資料館などが並んでいます。
この間は公共交通機関を利用するのではなく徒歩でも移動できるような距離なので、京都の街をゆっくりと散策するコースにはもってこいです。
この地域にはお土産物店や飲食店も数多くあるので、京都の名物料理を楽しみながらショッピングをするということもできます。
疲れたら人力車もあるので、借りてガイドをしてもらいながら回るのも1つの方法になります。